マタタビの徒然草

ダン☆おにとFLASHのことについて書くという強迫観念から開放されるために作成されたブログ。 徒然と書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯が痛いし眠れもしないので読んだ本

一昨日は親知らずの抜歯をしたのです。
これからするのは暇つぶしに病院にもってった本の話なのですが・・・。

抜歯といっても手術扱いで「ガガガガッ」って感じで派手に削ってました。
焦げ臭いにおいがぷんとしたし。後で見たら、歯が3つに割れてたし。
抜けた後を縫われて・・・まさか歯ぐきも縫われるもんだとわ。
で、麻酔が弱まってきたら「痛み止めを用心して飲んでたのに」
痛くて痛くて涙が止まらないほどでした。
ふて寝しようかと思ったんだけど痛くて眠れないので
「痛みをひと時忘れるために」小説の続きを読んだという。

読んだのは古典的SFです。
夏への扉 by ロバート・A・ハインライン
弟の本棚に会ったのをちょっと拝借したもの。
病院にいってからちょこちょこ読んでましたが時間忘れるほどに面白かった!
涙が流れるほどだった痛みをこの本のおかげで一時忘れられました。

内容は「親友と恋人に裏切られた失意の天才技術者が
猫とコールドスリープで未来の世界に旅立とうとする・・・」
って所から始まるのですが、まぁ解説はめんどいので省略。
爽やかな読後感でした!とでもいっておきましょう。
読書感想文で微妙に評価されたことあるけど、そもそも長文苦手だし、
今の時代すぐ手を伸ばせば届くところに面白いものが転がってるのに、
それを紹介するのにあーだこーだ言ったりするのは好きじゃない。
絶対とか、かなりとか微妙な表現でおすすめ度を表してるつもりです。
議論ならしたいんですが知らない人に吹っかけても意味ないしー

で、この主人公が「大の猫好き」で猫と一緒に未来に行こうとしたり
他にも、わがままだけど大人なとこが魅力的でした。
ちゃっかりしてるとこもあって、子供に殺し文句言ったりw
超1級のタイムトラベルファンタジーですよ。
一部の特殊な性癖をもつ方は憧れるかもしれないなw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabinomatatabi.blog17.fc2.com/tb.php/1-ca62d396
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。